延岡が変わりはじめた!

延岡が変わりはじめた! (その1)

○市民所得のアップへ

(1)雇用・産業
  • クレアパーク工業団地完売、東京のIT企業がまちなかに進出
  • 新たな市独自の人手不足対策の実施
  • 生産性向上のための固定資産税3年間ゼロ政策スタート
  • オープンカウンターの実施など地元中小企業の参入機会拡大
  • インバウンドも着実に増加
  • 延岡出身者が経営者として活躍・事業承継等支援センター開設
  • クラウドファンディング活用支援もスタート
  • 障がい者就労支援アンテナショップを市役所1階に開設(火・木)
(2)安い経費で暮らせるまち(可処分所得のアップ)に
  • 子ども医療費助成拡大(本年4月から中3まで歯科診療)
     (小児科等は来年4月からまずは小6まで(診察時間内))
  • 新たなバスネットワーク拡充のための実証運行(市内3ヶ所)
  • 地域新電力会社設立検討(本年収支見込・料金引下げ幅案公表
  • ごみ袋や水道料金の値下げ
 
 
延岡が変わりはじめた! (その2)

○第一次産業を市政の柱に

(1)農業・畜産
  • 牛の飼育頭数が平成30年から増加に転じる(飼料用イネの生産増にも)
  • 初の農業企業誘致実現~南浦地区で耕作放棄地がキャベツ畑に変身!
  • 「所得アップ・ゴー・ゴー・テン」実行へ
(2)水産
  • 延岡での現地商談会の開催、続々と首都圏フェアや「県外デビュー」
(3)林業
  • 市産材を公共施設に積極活用(内藤記念館等)、東京都港区との連携

○東九州クロスポイント構想も着実に進捗

  • 日向市内での細島港整備に向けた新たな官民の動き
  • 九州中央道の整備進む
  • 新たな産業団地を整備

○アスリートタウン再構築

  • 県体育館と市体育館の新たな整備(2棟合築的整備)
  • 平常時は室内練習場になり得る防災施設の整備、国体も見据えた対応
  • 西階の駐車場まずは80台増設
 
 
延岡が変わりはじめた! (その3)

○市民の暮らしを守る、次世代を育てる

  • 「365日駆け込み寺」(ワンストップ何でも総合相談センター)本年10月設立
  • まちなかを「生活と仕事の拠点」を整備しにぎわい創出
  • 防災・減殺対策の強化(「安心安全プラスワン事業」創設など)
  • 新たな人づくり政策推進
     (人間力育成も含めた人づくりのための「延岡こども未来創造機構」整備へ)
     (教育用PC1 台当たりの生徒数:県内最低県内上位、全国平均超え
     (小中学校の普通教室エアコン:ゼロ(県内最低)→H31中に100%

○市民目線改革もフル稼働

  • エンクロスの検証(栄町の人通りはむしろ減っている)
  • 内藤記念館再整備におけるバリアフリー化
  • バスク化構想見直しにより新たな観光誘客や農林水産業振興
  • 情報公開・市民参加促進のための新たな条例制定の検討
  • 「移動市役所」「出前市長室~はよ来ね、市長~」も曜日・時間を問わず開催

新たな財源確保策

  • 地域新電力会社の設立検討(電気代値下げ&電気代のまちづくり財源化
  • ふるさと納税の推進(一昨年の4倍超で現在推移)(地域産業振興にも)
 
 
延岡が変わりはじめた! (その4)

○新たな提携

1. 東京学芸大学
  • 「学び」に関する連携
  • 第4の存在である「延岡こども未来創造機構」の事業展開(STEM教育、学生インターンシップ、島野浦ICT活用 など)
  • 工業デザインに関する連携 など

2. 第一勧業信用組合
  • 販路拡大、企業誘致、東京のベンチャー企業との連携 など

3. 東京都港区
  • 延岡市産木材の販路拡大
  • 木材の「6次産業化推進」 など